Home » Featured, 昭和の写真と思い出, 昭和の写真(町並みと風景)

続:踏切編「踏切番小屋のある踏切」(昭和35年頃)

2011年 11月 25日 3,015 views No Comment

前回の「踏切編」の続編です。

前回紹介した写真より、さらに15年程前(1960年頃)の写真です。
同じ踏切の夜間写真ですが、嬉しいことに、踏切番小屋が写ってました。

踏切番小屋が本当にあったんですね。

—————————————————————–
【前回の記事より】
その④ 例の踏切に手動の遮断機(木製の長い棒)が上下線側にそれぞれ1本ずつ取り付けてあった。
一方の遮断機に連動し他方もそれに伴って動く仕組みになっている。
踏切番(上山駅員)二人が交代で仕事をしていた。
その一人に右腕が無い踏切番がおり、よくも片手であの力仕事をやってのけたものだと感心する。
棒につかまって持ち上げられたことがあり、叱られたこともあった。

(写真は、上山市矢来二丁目の踏み切り:昭和35年頃)

コメントをどうぞ!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

*